上級パンターが好むサッカーの賭け市場の7つのタイプ

賭け市場は、どのベッティングサイトでも様々な手順で提供します。それぞれ、さまざまな挑戦を示します。日本のスポーツブックは、ユーザーにどんどんオプションを提供して、利用できる賭け市場でユーザーに賭けさせます。このすべての賭け市場は、同じように重要というわけではなく、エキスパートのベッターは、普通は他の人以上に賭けることを好みます。以下では、上級のベッターの間で一番人気のサッカーの賭け市場についてお伝えします。 欧州のハンディキャップ 欧州のハンディキャップは、かなりアンバランスなベットの利点を得るために対戦相手の得点を追加する有利不利です。ほとんどの場合にチームが勝つ明らかな大本命があるなら、欧州ベットは、ベットの難易度を上げて、オッズと可能なパンターの獲得金額も上げるために取り組みます。この有利不利は整数 (1、2、3…) で表されます。可能なベットとして引き分けの可能性を考慮するものです。 アジアのハンディキャップ アジアのハンディキャップでは、このタイプのベットの有利不利は、3度目の結果として、引き分けをなくすために対戦相手のひとつに与えられます。これにより、ベットは勝ちか負けとなります。試合が引き分けで終わる場合、ブックメーカーは賭け金を返金します。ここでは、有利不利は少数 (0.25、0.5、 0.75) で表示することができます。 引き分けなし ベッターはそのイニシャルを通じて(DNB)、引き分けなしのマーケットを指すことがあります。「引き分け、無効なベット」という意味で、試合の結果が引き分けであれば、ベットは無効で、プレイした金額が返金されるという意味です。 オーバー/アンダー オーバー/アンダーはサッカーの試合では最も広く行われているベットのひとつです。 このタイプのベットでは、試合で得点されることが予測される合計ゴール数が、ブックメーカーが事前に設定した値よりも上か下であれば、いくつかの可能性に賭けることができます。オーバー/アンダー 1.5ゴール、2.5ゴール、などの賭けのようなものです。 ハーフタイム/フルタイム このベットでは、ハーフタイムとフルタイムの両方の試合結果を予測する必要があります。最初のハーフ/最後の予測をするためには、複数の側面を検討する必要があります。リーグ、過去の成績、チームのフォーメーション、チームがさまざまな試合のステージのアプローチをする方法を考慮すべきです。 両チームの得点 BTTSはリスキーな賭けです。このベットは、両チームが入れる得点で試合の予測が簡単に思えます。ですが、結局、実質的に50%の試合で両チームが得点します。同様に、試合の残り半分は、1チームだけ点数を入れる、または両チームとも得点を入れずに終わります。試合に伴う両チームの得点力をしっかりと予測する必要があります。 正しい得点 このマーケットを通じて、私たちはサッカーの試合の最終結果を予測します。このタイプの賭けでは、試合の正しい結果を当てて終えます。大きな利益を得ることができる、サッカーのような得点率が低いスポーツで普通は出て来る賭けです。ですが、予想を選択する時には慎重になって、お互いに顔を合わせるチーム全体を分析する必要があります。 この賭けマーケットを活用するためには、ベッターに合うチームとリーグを知らなければありません。上級のパンターはこの賭け市場で賭けることができる特定のクラブを追って、分析します。ですからエキスパートが行うように賭けたい場合には、このタイプの賭けをする前にしっかりと自分の予想を調査すべきです。

ワールドカップで勝つベットの3つのコツ

FIFAワールドカップは世界最大のスポーツイベントのひとつ。このサッカートーナメントの範囲や関与はとにかく大規模です。サッカーに関して言えば、日本のスポーツベッターがますます注目していて、世界中のスポーツベッターに参入しています。今度のコンテストの前に、少し時間を取ってワールドカップの賭けの戦略を見てみましょう。 こちらがワールドカップで勝つベットの3つのコツです。このガイドによって、稼げるのか、バンクロールを失うのか、まったく違って来るかも知れません。 1. 引き分けに気をつける 大抵のアメリカ人には喜ばしいことではありませんが、サッカーの試合は引き分けで終わることがあります。これは、私たちがプログラム化してきた方法とは逆です。ないわけではありませんが、NFLでは滅多に引き分けにはならないでしょう。ですが、少し前までは、勝者が決まるまでチームがひたすらプレイした時がありました。NCAAフットボールによく似ていて、とにかく時間がかかります。しかも、引き分けと聞いた時のその場に溢れる集団のため息に次には、息を呑んでしまうでしょう。サッカーでは引き分けでお金を獲得できます。確かに、大抵、引き分けはプッシュとして考慮されます。ですが、場合によっては、痛みを負うよりも役立つでしょう。賭けているスポーツブック次第で、賭け金の一部としての引き分けは、プッシュまたは完全勝利として最も一般的に考慮できます。残念ながら、にべもなく損失を与えるスポーツブックもあるでしょう。ですから、賭ける時には物色することは欠かせません。 2. 自分のデューディリジェンスを行う FIFAワールドカップベッティングの世界に飛び込む計画をするなら、自分の宿題をする方が良いでしょう。このイベントは4年おきにしか巡って来ず、その期間中に多くのことが変わることがあります。以前には助けになっていたプレーヤーやコーチが、より待遇の良い場所に異動しているかも知れません。ありがたいことに、1年365日間、世界的なサッカーシーンに従うエキスパートは山ほどいます。これらの専門家の貴重な洞察を軽く捉えないでください。サッカーの浮き沈みに従って生計を立てているプロのひとりが、あるチームがそのグループから勝ち進めることを確信しなくても、耳を傾けるのは良い考えかも知れません。 3. 自分のオプションを熟考する 日本のスポーツベッターは、一番人気のスポーツのベッティングオプションに精通しています。ですが、サッカーはその独自のチャレンジを提供しません。スプレッドが2チームに分かれる接戦のベットをいくつか見るでしょう。スプレッドは、NFLやNBAで見つかる同じ基本原則で機能します。これによって、多くの新米サッカーベッターは解読することが難しくなります。もちろん1.5ゴールはさほどそうではないかも知れません。良い方のチームは簡単にそれをカバーするはずです。ゲームが1対0で終わって、突然、うんと良いチームが負ける場合を除いては。米国のさほど詳しくない、ほとんどのスポーツファンは、サッカーについてほとんど知らないという例としてこのことを挙げているに過ぎません。ですが稼げる見込みはあります。オーバー/アンダーベットは、新米のサッカーパンターにはかなり馴染みやすいでしょう。防御の傾向、入れられたゴール、得点したゴールを調べて、試合が最後まで行われる方法について何らかの考えを得られるでしょう。